TM Race Sim MOD-ification  ≫ 月別アーカイブ

月別アーカイブ

<MotoGP 13> AI の Mod : 各ライダーのタレント・データを変更する方法

「 MotoGP 13 」 の、AI の各ライダーのタレント・データを変更する Mod の方法についてまとめてみました


■ AI の各ライダーのタレント・データの Mod の位置付け
先日、「 AI の予選タイムの調整方法 」 と、「 AI の難易度の調整方法 」 について、次の2つの記事でまとめました。

【 AI の “ 全体的な ” 予選タイムの難易度の調整方法 】
<MotoGP 13> AI の Mod : AI の予選タイムの調整方法

【 AI の “ 全体的な ” 決勝レースの難易度の調整方法 】
<MotoGP 13> AI の Mod : AI の仕組みと、難易度の調整方法

   ▼

今回の話は、これらの全体的な AI の難易度をベースに、“ 個々のライダーの ”、

- 予選タイム
- 決勝レースの速さ

を調整するという位置付けの話になります。

ということで、以下、AI の各ライダーのタレント・データの変更方法についてメモしていきたいと思います



 ポールポジションから、ドヴィ、ブッちぎりのレースにすることもできます
続きを読む »
| 2013-07-15 | MotoGP 13 | ▲TOP |

<MotoGP 13> 公式 Patch Ver.1.101 後、メニュー等のムービーが正常に表示されない問題の解決方法

先日の 「 MotoGP 13 」 の Patch Ver.1.101 で、ムービーの上半分が黒くなって正常に表示されない、新たな問題が出ていましたが、

<MotoGP 13> 公式 Patch Ver.1.101 アップデート

RaceDepartment の方で svenvangent 氏から情報を頂いたのですが、Steam コミュニティのこちらのスレッドの方法で解決できるようです。
( Thanks to svenvangent

【 Steam コミュニティのスレッド 】
Steam コミュニティ : MotoGP 13 - Fix Top Half of Screen Black
   ↓
【 Adobe Community のフォーラムのスレッド 】
Adobe Community : Upper half of video is missing (black screen) - Help!!
   ↓
【 マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-057 ( 2803821 ) 緊急 】
上記の Adobe のフォーラムのスレッドに記載されている 「 KB2803821 」 に該当する、マイクロソフトの詳細情報は、こちらになります。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-057 - 緊急

このページ内を " 2803821 " で検索してみるとわかりますが、Windows Media 関連の問題点の修正事項のようです。
このページの 「 概要 」 によりますと、

特別に細工されたメディア ファイルをユーザーが開いた場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。この脆弱性が悪用された場合、攻撃者がローカル ユーザーと同じ権限を取得する可能性があります。コンピューターでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者特権で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。

このセキュリティ更新プログラムは、Itanium-based エディションを除き、すべてのサポートされているエディションの Windows について「緊急」の深刻度に評価しました。


と解説されています。

   ▼

Windows 7 の場合ですが、私が試してみたところ、以下の手順でできました。

・ コントロールパネルを実行
   ↓
・ 右上の 「 表示方法 」 を 「 カテゴリ 」 にして、「 プログラムのアンインストール 」 を選択
   ↓
・ 左欄の 「 インストールされた更新プログラムを表示 」 を選択
   ↓
・ 右上の検索欄に KB2803821 と入力して検索
   ↓
・ 次の画像のように、KB2803821 に該当する更新プログラムが表示されるので、クリック or 右クリックでアンインストール




   ↓
・ アンインストール後、私の環境では、PC の再起動は不要でした
   ↓
・ 「 MotoGP 13 」 を起動
   ↓
・ 次の画像のように、ムービーの全画面が表示されるようになっていれば成功です。




   ▼

一応、以上の方法で解決はできるのですが、マイクロソフトののセキュリティ情報の内容を読みますと、この方法を試すかどうかは、自己責任にてという感じになりそうですね。
ただ、動画の作成等で、ムービーを正常に表示する必要がある場合には、ひとまず、役に立つ方法という感じになるでしょうか。

以上になりますが、Patch Ver.1.101 の前には発生しなかった問題ですので、やはり Milestone には、次の Patch で正式に対処してほしい所ですネ
| 2013-07-14 | MotoGP 13 | ▲TOP |

<Project CARS> Steam 版のリリースと関連情報

「 Project CARS ( pCARS ) 」 ですが、シム関連サイトでも報じられていますように、先週の 2013年 7月 5日(金) に Steam にてプレイ可能になりました。

それに伴って、若干、システム上の変更点があったようですので、Steam 版の基本的な情報についてまとめてみました


■ 主要リンク 一覧
「 pCARS 」 の Steam 版に関連した、主要なリンクをまとめておきたいと思います。

≪ WMD : pCARS 公式フォーラムのリンク ≫
【 Steam 版 アナウンスの記事 】
WMD Forum : pCARS - Steamworks Integration Announcement

【 Steam 版の導入方法の解説記事 】
WMD Forum : pCARS - Steamworks builds now available ( How to install Steam and redeem your pCARS key on Steam )
⇒ Steam 版については、新たに再インストールをする必要があるようです

【 Steam 版の FAQ 】
WMD Forum : Project CARS on Steam - FAQ


≪ Steam コミュニティのリンク ≫
【 Steam コミュニティハブ ( フォーラム ) 】
Steam コミュニティハブ : Project CARS - 話題
⇒ ※ 今のところ、従来の Steam Users' Forum ( steampowered.com ) の方には、「 pCARS 」 専用のセクションは立っていない様子です

【 Steam での WMD からの通知 ( アナウンス ) 】
Steam コミュニティハブ : Project CARS - 通知
⇒ Steam での最新 Build のリリース等の情報は、こちらの 「 通知 」 セクションでアナウンスされるようです。



■ 旧 SMS launcher + patcher のシステム → Steam 版への移行について
Steam 版がリリースされた、2013年 7月 5日(金) 時点での最新 “ Build 510 ” が、Steam 版での初期版になるようです。
Monthly build released

   ↓

そして今後 2週間以内に、旧 SMS launcher + patcher のシステムは廃止 されて、Steam 版のみ ( Steam 必須 ) になる予定のようです
Old Launcher Shutdown in 2 Weeks !



■ Steam の設定について
上記の公式 FAQ のスレッドで解説されていますが、Steam の設定についてメモしておきたいと思います。

≪ 各 Tool Pack の Tier に応じた、最新 Build を利用可能にする設定 ≫
「 pCARS 」 の Steam 版への移行にあたり、各ユーザーが購入した Tool Pack の Tier に応じた Steam キーが配布されて → それに応じて、Steam 上で利用可能なアップデート ( Daily, Weekly, Monthly ) が決まる、というシステムになっているようです。

( 余談 )
これは推測ですが、Steam 版への移行に向けて、各ユーザーの Tier を確定する必要があったため、比較的早い時期に Tool Pack の購入とアップグレードを締め切ったという理由があったのかもしれませんね。

   ▼

購入した Tool Pack の Tier に応じて、利用可能な更新は、

- Junior Member … Monthly
- Team Member+ … Weekly
- Senior Manager … All Builds

になっていましたが、

・ Steam 版では、デフォルトの設定では、利用可能な更新は " Monthly " に設定されている ようです。

・ そして、Team Member+ と Senior Manager のユーザーが、それぞれ Weekly, All Builds の更新を利用するためには、Steam の 「 pCARS 」 のプロパティの設定を変更する必要があるようです。

その具体的な方法については、公式 FAQ のこちらのポストで解説されています。

Steam BETAS

   ▼

以上の Steam の自動更新の設定を有効にしておけば、( 他の Steam のタイトルと同様に、) アップデートがあった場合には、Steam 起動時に自動的にゲームがアップデートされるようです。


≪ DirectX 9 または DirectX 11 の起動設定 ≫
【 旧 SMS launcher + patcher のシステム 】
旧 SMS launcher + patcher のシステムでは、ゲーム起動時のローンチャーメニューで

- Standard Game ( DirectX 9 )
- DirectX 11 version

を選択できるようになっていました。

   ▼

【 Steam 版 】
その点、Steam 版での DirectX 9 と DirectX 11 の切り替えがどうなっているかですが、

- Steam 版のデフォルトの設定は、DirectX 9 になっている ようです。

- そして、DirectX 11 に切り替えたい場合には、プロパティの 「 起動設定 」 にて設定をする必要があるようです。

その具体的な方法については、公式 FAQ のこちらのポストで解説されています。

Launch options

⇒ 従来のように起動時のメニュー上から選択できなくなってしまいましたので、この点はちょっと不便になりましたね。



■ 実際に 「 pCARS 」 の Steam 版をインストール & プレイしてみて
私自身、実際に 「 pCARS 」 の Steam 版をインストール & プレイしてみて気が付いた点をメモしておきたいと思います。

≪ ダウンロード時の回線速度 & ゲームのバックアップ ≫
ここ最近 Steam の回線速度が大幅にアップしたことで、「 pCARS 」 が Steam でプレイ可能になるメリットの一つとして、その Steam の回線を利用できる点が予想されていましたが、私の環境で実際に比較をしてみたところ、

- 旧 SMS launcher + patcher のシステム : 83 MB のアップデートのダウンロードの所要時間 約 15 分
- Steam 版 : 初回インストール時の、5.3 GB の所要時間 約 7 分

という感じでした
( といいますか、今までの WMD の回線が、あまりに遅すぎましたよね

   ▼

旧 SMS launcher + patcher のシステムでは、こちら の記事でレポートしたように、ダウンロードした Patch ファイルを保管することで、ゲームをバックアップしていましたが、今後は、Steam のバックアップ機能を使うことができるのも、メリットの一つになりそうです。


≪ インストールされるディレクトリ ≫
「 pCARS 」 がインストールされるディレクトリですが、デフォルトの設定では、他の一般的な Steam のタイトルのインストールと同様に、

 C:/Program Files (x86)/Steam/steamapps/common/pCars

でした。


≪ 起動時 ≫
旧 SMS launcher + patcher のシステムと同様に、起動時に WMD のアカウントにログインをするシステムになっています
⇒ 現時点では、ゲームを起動する毎にログインをする仕様になっていますが、一度入力したログイン情報は、セーブデータの方に保管されますので、毎回、ログイン情報を入力する必要は無い感じです。





≪ セーブデータのディレクトリ & Steam クラウドへの対応 ≫
セーブデータのディレクトリも従来と同じです

 C:/Users/(ユーザー名)/Documents/CARS

現時点では、Steam クラウドには対応していないようです。


≪ Build の確認方法 ≫
従来は、ゲーム起動時のローンチャーに Build が表示されましたので、そこでインストールされている Build の確認ができました。

他方、Steam 版では、ローンチャーから起動する方式ではなくなってしまいましたが、インストールされている Build は、従来と同様に、ゲーム内のメインメニュー左上で確認できます。



 画像は、Build 510 → Build 515 にアップデートされた場合ですが、このようにインストールされている Build の確認ができます。



■ 最後に
従来の旧 SMS launcher + patcher のシステムも、シンプルで非常にわかりやすく、使いやすかったと思うのですが、Steam 版への移行によって、メリットとデメリットがあるという感じになりそうですね。

今回の Steam 版のリリースによって、DRM に関しては、Steam 必須になるということがわかりましたが、今後、「 pCARS 」 が Steam のシステムと、どのように ( どの程度 ) 連携していくのかという点については、まだ見えない部分があるでしょうか。
おそらく、SMS としては、開発の方向性は決まっていると思うのですが、その点については今後の動向を見守っていく感じになりそうですネ
| 2013-07-12 | Project CARS (pCARS) | ▲TOP |

<MotoGP 13> 公式 Patch Ver.1.101 アップデート

「 MotoGP 13 」 の公式 Patch Ver.1.101 のアップデートがあったようです。
今回のアップデートによる変更点 ( Changelog ) は、Steam コミュニティの、こちらの公式スレッドに掲載されています。

Steam Community : [OFFICIAL THREAD] MotoGP^(TM)13: Version 1.101 now available


【 バージョンの表記 】

ゲームのバージョンの表記については、

- ゲーム起動時のローンチャーの右下に表示されるバージョン
 ⇒ v1.101 に変わりました

- " MotoGP13.exe " のバージョン ( ※ " MotoGP13.exe " を右クリック → プロパティ → " 詳細 " タブで確認できます )
 ⇒ 「 製品バージョン 」 の表記は " 1.0.0.1 " で以前と変わっていませんが、タイムスタンプから判断して、ファイルそのものは更新されている様子です。


【 新機能 : Showroom の 360 度 ビューワー機能 】

今回のアップデートで、ライダー & チーム選択時の Showroom の画面で、マシンとライダーを 360 度回転させて眺めることができるようになりました。
⇒ PC 版の場合は、従来と同様、下の画像のように " F1 " キーで Showroom に入れます。





 この画面で 360 度回転できるようになりました。


【 従来の Mod との関連 】

今回のアップデートで " DATA.MIX " ファイルも更新されていますので、" DATA.MIX " ファイル関連の Mod については、Ver.1.101 用にアップデートをする必要がありそうです。


【 新たな問題点 】

上の Steam コミュニティでも同様の症状が報告されていますが、メニュー画面の背景のムービーの上半分が黒くなってしまうというバグが、私の環境でも発生しています
⇒ レース前のムービー等、ムービー再生画面でこの症状が出てしまう様子ですね。





以上になりますが、私がアップロードした Mod の方は、今週末にアップデートできたらと思っております。

今回はオンライン関連のバグの修正がメインだったようですが、上のメニュー画面の背景のように、新たな目立つバグが出てきてしまったりしていますので、近々、またアップデートがありそうな予感がするでしょうか。
ということで、引き続き、フォーラムの方で情報をフォローしていけたらと思っております
| 2013-07-11 | MotoGP 13 | ▲TOP |

<MotoGP 13> AI の Mod : AI の仕組みと、難易度の調整方法

「 MotoGP 13 」 の AI の仕組みと、難易度の調整方法についてまとめてみました。

・ AI の難易度の調整方法については、以前、「 SBK 」 シリーズの時に、こちらの記事でレポートをしましたが、

<SBK X> 『 SBK X 』 AI の難易度の調整 ( 1%単位で AI の難易度を調整するファイル )

同様の手法が 「 MotoGP 13 」 でも可能です。

・ 「 MotoGP 13 」 で、AI の難易度を調整する方法としては、

 ( A ) 全体の難易度を変更する方法
 ( B ) 各ライダーのタレントデータを個別に変更する方法
 ( C ) 各ライダー ( チーム ) のマシンのパフォーマンスを変更する方法
 ( D ) プレイヤーのマシンのパフォーマンスを変更して、AI との相対的な速さを変更する方法

という方法が考えられますが、今回は ( A ) の話になります。

ということで、以下、「 MotoGP 13 」 の AI の仕組みと、難易度の調整方法についてまとめていきたいと思います



 本題とは関係ないですが、コーナリングをしながら後方確認をすると見せてくれる、ロッシの瞬間芸です
続きを読む »
| 2013-07-07 | MotoGP 13 | ▲TOP |
Copyright (C) TM Race Sim MOD-ification. All Rights Reserved.