TM Race Sim MOD-ification  ≫ 月別アーカイブ

月別アーカイブ

<Race Driver GRID> 『 GRID 』 日本版の発売日が決定、新車種も追加!! (12/8 再追記・訂正)

「 DiRT 」「 GRID 」 と、ヒット作を次々とリリースし、F1 ゲームのライセンスも取得する等々、今や飛ぶ鳥も落とす勢いの Codemasters ですが、日本へも本格的な進出のために、日本での現地法人を設立するとともに、公式サイトもオープンしています。

Codemasters 日本のコーポレイトサイト

また、日本の法人としては、初めての作品となる 『 Race Driver GRID 』 の日本版の公式サイトもオープンしています。

Race Driver GRID 日本版 公式サイト

当初は特に目新しいことは見当たらなかったのですが、久々にサイトをチェックしましたら、次の画像のような( GRID ファンにとっては ) ビッグなニュースが載っていました。



こちら のエントリーの最後でもレポートしました、『 GRID 』 の日本版の発売日がいよいよ決定し、8台の新車種をも含めた追加コンテンツがリリースされるというニュースですが、記事の日付を見ましたら、アナウンスされてから、1ヶ月以上も経っているのですね〜
ということで、大変遅ればせながらですが、レポートをしたいと思います

( 12/8 再追記・訂正 )
いつもお世話になっております mirupon さん から教えて頂いたのですが、追加収録車種の S2000 の解説に誤りがあり、追記・訂正をさせて頂きました ( mirupon さん、ありがとうございました !)
ここに深くお詫び申し上げます。
リアル・レーシングに関しましては、全ての情報をカバーできないため、これからも誤った記事を書いてしまうかもしれませんが、どうか生暖かい目でお見守り頂きたく存じます。
また、誤っている点がございましたら、なんなりと御指摘を頂くことができました幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます


続きを読む »
| 2008-11-30 | GRID | ▲TOP |

<Colin McRae DiRT 2> 『 Colin McRae DiRT 2 』 アナウンス !!

Codemasters からのメールをチェックしていて気が付いたのですが、
『 Colin McRae DiRT 2 』 がアナウンス されたみたいですね〜

Codemasters の公式サイトでのアナウンスはこちらになります。

・UK :COLIN MCRAE: DiRT 2 Announced
・USA:DiRT 2 Announced !

また、ゲーム情報のページはこちらになります。

DiRT 2 - Game Information

日本語では、GameSpot Japan にニュースが掲載されています。

Codemastersが「DiRT 2」を開発中--2009年にリリースへ

Colin McRae Rally ( コリン・マクレー・ラリー : 通称 CMR ) シリーズの系譜の中に位置づけられる 「 DiRT 」 ですが、コリン・マクレー氏が2007年にヘリコプターの事故により悲しい死を遂げたことにより、続編にマクレー氏の名前が残るのかどうかは、CMR ファンにとって非常に心配していた所ではありました。

しかし、続編にあたる 『 DiRT 2 』 でも、前作の 「 DiRT 」 と同様に、欧州版には、コリン・マクレー氏の名前が継承されることになった のは嬉しいニュースでしょうか。

また、基本的な情報は、上の GameSpot Japan のサイトに集約されていますが、

・プラットフォームは PC・PS3・Xbox360・Wii・PSP・DS
・リリースの予定ですが、2009年に同時発売

となっています。

今回は、IGN に掲載されていた、『 DiRT 2 』 の Executive producer である Gavin Raeburn 氏のインタビューのポイント要約した上で、
現時点において公開されている画像を、まとめておきたいと思います


レンダリング処理をされたスクリーンショットと思われますが、Ken Block 氏がドライブする、新型インプレッサがフィーチャーされています。
手前に見えるマシンは、ランサー・エボ でしょうか


続きを読む »
| 2008-11-29 | DiRT 2 | ▲TOP |

<Race Driver GRID> 『 GRID 』 ( PC 版 ) グラフィックス関連の MOD !!

Codemasters の 「 DiRT 」 と 『 GRID 』 は、同社が開発した 「 EGO ( Neon ) 」 と呼ばれるゲームエンジンを使用して製作されたと言われていますが、「 EGO ( Neon ) 」 のポテンシャルの高さは、すでに両タイトルの実際のゲームプレイにおいて証明されているでしょうか。
中でも、グラフィックスのリアルさは、現時点において、非常に高いレベルに達しているという印象を受けています。

ただ、大きな不満点といえば、画面全体がやや黄色がかって、少しぼやけた感じ ( ソフトフォーカス気味 ) になっていること でしょうか。
そこで、『 GRID 』 のグラフィックス上の不満点を改善 ( 解消 ) する目的でリリースされたのが、「 グラフィックス関連の MOD 」 です

具体的には、グラフィックスに関する設定ファイルをエディットした MOD になります。

この 『 GRID 』 のグラフィックスを改善する MOD は、いくつかリリースされているのですが、現時点においてリリースされている MOD について御紹介した上で、私が実際に試してみた印象をレポートしたいと思います


『 GRID 』 のパッケージでもお馴染みの Viper SRT-10 が 「 原色 」 で蘇ります

続きを読む »
| 2008-11-27 | GRID | ▲TOP |

<MotoGP 08> 『 MotoGP 08 』 レビュー ( 125cc・250cc クラス 収録ライダー 編 )

『 MotoGP 08 』 について、前回までは MotoGP クラスを中心に御紹介してきましたが、今回は、125cc ならびに 250cc クラスに収録されている全ライダーを動画にまとめてみました
前回のレビューで 開発元である Milestone は 『 MotoGP 08 』 の製作に 「 社運をかけているのでは?」 といった印象を受けたことを書きましたが、そう感じた理由が、この 125cc クラスと 250cc クラスの作り込みになります


■ 「 網羅性 」 を重視したつくり


こちらの 「 SBK 08 」 のレビュー で御紹介しましたように、「 SBK 08 」 の方では、3D ポリゴン のライダーが登場するという点には力が入れられていました。
しかし、
収録されていないライダーが多い ( 日本人ライダーでは、中冨選手や青山周平選手が収録されていません )
顔が似ていないライダーがいる
という、作り込みの甘さがありました。

他方、『 MotoGP 08 』 では、
全クラスのライダーを、ほぼ網羅しており、
全体的に顔が似ている
という感じで作り込まれています。

この点、Milestone と Capcom との強力なタッグにより、世界各国の、ありとあらゆる MotoGP ファンの要望に可能な限り応え、『 MotoGP 08 』 をグローバルに発信していこうという 「 ヤル気 」 が感じられる のは、ファンとしても嬉しいでしょうか
また、この完成度ならば、DORNA も納得させることができるような気がします

余談になりますが、私も、好きなドライバーやライダーのヘルメットのテクスチャ ( スキン ) を製作したことがありますが、素材を探すのに苦労をしました。
特に、ヘルメットを正確にデザインするには、「 前後左右 + 」 という 360度方向からの写真が必要になります。
その点、『 MotoGP 08 』 では、各ライダーのヘルメットや、ライダーの顔が、きちんとした取材に基づいて再現されている という印象を受けます。
「 結構、取材がタイヘンだったんじゃないかなぁ〜 」 と思うのですが、本当に、お疲れさまでしたという感じです


コヤマックス ( 小山知良 ) 選手の勇姿!
2009年は、中国メーカーのロンシンと契約する事になったと、公式ブログ でアナウンスがされていました。とにかく、来季もコヤマックスが走る姿を見ることができるのは嬉しいですね


続きを読む »
| 2008-11-25 | MotoGP 08 | ▲TOP |

<MotoGP 08> 『 MotoGP 08 』 レビュー ( レース & 視点変更 編 )

前回の、「 レース設定 & 挙動 編 」 では、レースを始めるまでの設定項目について取り上げましたが、今回は、「 Quick Race 」 モードにおける、実際のゲームプレイ ( レース ) についてレポートしたいと思います

Milestone の Superbike シリーズ系のレースの進行の流れは、基本的に昔から大きく変わっていないのですが、『 MotoGP 08 』 の 「 Quick Race 」 モードでは、以下のような順序でゲームが進行します。

(1) 動画によるコース紹介
   サーキット・データの表示
   グリッドの表示 & ウォームアップ・ラップ
(2) レース ( → 「 視点変更 」 については、この項で取り上げます )
(3) レース後のウィニング・ラン New!!
(4) ハイライト ( リプレイ ) ( ← 「 SBK-07 」 から収録されました )
(5) リザルトの表示
(6) リプレイ

とうことで、以下、この順番にしたがって、レポートをしていきたいと思います


今回は、「 コーリン・エドワーズ MotoGP スクール 」( 生徒数 約1名 ) のエドワーズ校長先生が活躍します
( ⇒ 詳しくは こちら( VRT 5 ) を御覧下さい


続きを読む »
| 2008-11-19 | MotoGP 08 | ▲TOP |
Copyright (C) TM Race Sim MOD-ification. All Rights Reserved.