TM Race Sim MOD-ification  ≫ 月別アーカイブ

月別アーカイブ

≪SBK≫ ★動画★ 2008年 弟2戦 オーストラリア フィリップアイランド レース1&2

2008年 SBK ( World Superbike ) 第2戦 オーストラリア フィリップアイランドで開催された決勝レース ( レース1 & レース2 ) のフル・レースの動画です。

第2戦 フィリップアイランドでのレースは、レース1のスタート直後に多重クラッシュが発生し、重大な負傷者が続出するという波乱の幕開けとなりました。
またレース2でも、4名のライダーがジャンプスタートによるペナルティを受けるという、なにかとスタートでの課題を残すレースとなりました。

芳賀選手は7番グリッドからのスタートになりますが、カタールの開幕戦での転倒で、右手首と右肩を痛めた怪我の状況が心配されます。
また、開幕戦で左の鎖骨を骨折したスズキ・アルスターの加賀山選手は、残念ながら、今回のオーストラリア戦は欠場となっています。
あと、開幕戦で連続表彰台を獲得したビアッジは、予選のスーパーポール中に、シフトチェンジのレバーが折れてアタックできなかったということで、16番手からのスタートとなりました。

今回のレースでも、レギュレーションの変更により排気量が 1200cc となったドゥカティのマシンの性能が、引き続き注目されます。
また、開幕戦で優勝を飾ったスズキの速さや、5名の日本人ライダーの活躍などが期待されるレースです☆


■ 2008年 SBK & WSS 参戦ライダー 


フィリップアイランドでのイベントで、今年の SBK に参戦する全ライダーの写真がアップされていました。
(画像をクリックすると、別窓で大きな画像を御覧頂けます



・最前列・真ん中の赤いスーツが芳賀選手
・最前列・向かって左から4番目が玉やん
・最前列・向かって右端の白いスーツが清成選手
・2列目・向かって右から4番目が中冨選手
・その隣が青山周平選手
・3列目・向かって右端が藤原克昭選手です。

せっかくの写真ですが、欠場した加賀山ユッキー選手の姿がないのがとても残念です

続きを読む »

≪MotoGP≫ 2008年 第1戦 カタールGP 決勝レース

2008年の MotoGP が開幕しました。
第1戦 カタール GP ロザイル・サーキットでのレースは、MotoGP 史上初となるナイトレースで開催されましたが、ひとまずは成功だったのでしょうか。
2003年に Champ Car というアメリカのロードコース主体のカテゴリーでも、シリーズ史上、初めてナイトレースが開催されたことがあったのですが、野球場十数個分の照明設備を設置したと解説されていました。しかし、景色の良いサーキットも、ナイトレースになると周囲の景色が見えなくなってしまうのですね〜、ということで、私はあまりナイトレースというのは好きではありませんでした。
でも、今回のカタールのロザイル・サーキットみたいに殺風景なサーキットでは、昼でも夜でもあまり関係ないですね。むしろ、照明を反射して走るマシンがキラキラと光って美しかったです。
ただ、日本での放送時間を考えると、あまりナイトレースへの移行はしてほしくないと思ってしまいました。
続きを読む »
| 2008-03-13 | MotoGP | ▲TOP |

≪SBK≫ ★動画★ 2008年 第1戦 カタール ロザイル レース1&2 フル・レース動画

いよいよ 2008年 SBK ( World Superbike )が開幕!
第1戦 カタール ロザイル・サーキット 決勝レース ( レース1 & レース2 ) のフル・レースの動画です。

昨年のチャンピオン、ジェームス・トーズランドが MotoGP に移籍し、ディフェンディング・チャンピオン不在で迎えた 2008年の開幕戦ですが、ベイリス、コーサーといったチャンピオン経験者や、昨年から参戦したビアッジ、さらに、ランツィ、ニエト、ファブリツィオ、ノイキルヒナー、マーグリッジ、ロルフォといった、お馴染みの顔ぶれは健在なのは嬉しいかぎりです。
また、MotoGP からはベテランのカルロス・チェカが移籍。
さらに、昨年の WSS のチャンピオン、ケナン・ソフォーグルも、今年は SBK に参戦と、楽しみな存在です。

今年の注目点のひとつは、レギュレーションの変更により、2ストロークのマシンの排気量の上限が1200cc にアップされたことから、ドゥカティが1200cc の1098モデルを投入してきたことでしょうか。ドゥカティのマシンは 1000cc でも十分に戦闘力があっただけに、他のメーカーのマシンとのパワーバランスがどうなるのか、非常に興味があるところです。
そしてまた、芳賀ノリ選手、加賀山ユッキー選手、中冨選手に加えて、BSB 2年連続チャンピオンの清成龍一選手、MotoGP から玉田誠選手(玉やん)、GP250 から青山周平選手がSBKに移籍してきたことから、過去最多となる、6名の日本人ライダーが参戦をする点にも注目です。

ということですが、今年も解説は、ハチさんこと八代俊二さんと、実況は南城大輔さんの名コンビです !☆


続きを読む »
Copyright (C) TM Race Sim MOD-ification. All Rights Reserved.