TM Race Sim MOD-ification  ≫  グランツーリスモ TV, 5 & 4

グランツーリスモ TV, 5 & 4

<Gran Turismo 5> 『 グランツーリスモ 5 』 AI の進化 !?

数日前から gtplanet さんにアップされていた映像ですので、御覧になった方も多いかもしれませんが、『 Gran Turismo 5 ( GT5 ) 』 の AI が変化 ( 進化 ? ) したことを証明するものと思われる VTR がアップされています。

最近は、ニュルブルクリンク北コースや Tokyo R246 の同じようなデモ走行の映像の繰り返しで、やや食傷気味といった感じでしたが、この映像は、ちょっと新鮮でしょうか。

ということで、簡単にご紹介したいと思います




続きを読む »

<Gran Turismo 5> 『 グランツーリスモ5 』 が 「 3D 対応 」 に

当初、2010年3月に予定されていた発売日を延期し、その後、新しいスクリーンショットの公開や、デモプレイの映像でお茶を濁していた ( ? ) 感のある 『 Gran Turismo 5 ( GT5 ) 』 ですが、「 3D 対応 ( 立体視 ) 」 になるらしいという情報がアップされています
( そういえば、確か以前、通常版と 3D 対応版を、別々にリリースするみたいな話がありましたよね

VirtualR.net : Gran Turismo 5 - Coming In 3D ( This Summer? )

現時点においては、Gran-Turismo.com や、SCE のサイトでもアナウンスがありませんので、非公式の情報のようですが、情報元を調べてみましたら、PS3 向けの ( 有料 ) 動画配信プログラム 「 Qore 」 の最新エピソードから情報が判明したようです。
このあたりについては、「 PS3 FAN 」 さんの、こちらの記事に情報がまとまっています

PS3 FAN : 『 KILLZONE 2 』 も今夏3D対応へ? Qoreより明らかに

カメラ撮影したものですが、動画の方は、こちらにアップされています

THE GAMER ACCESS : Killzone 2 Going 3D !




■ システム要件 : ハードウェアの環境が必要 


・ PC Game の方では、NVIDIA の 「 3D VISION 」 がすでにあり、

NVIDIA - 3D Vision

「 GRID 」 あたりも 3D 化できるという話もありましたので、「 3D 対応 」 そのものは、特に目新しいといった感じはしないのですが、やはり、問題となってくるのは、システム要件でしょうか。
NVIDIA の 「 3D VISION 」 の方でも、システム要件はこのようになっています

NVIDIA - 3D VISION システム要件


・ ちなみに、PS3 のタイトルに関して言えば、以前、「 リッジレーサー7 」 の立体視テストがありました。

バンダイナムコゲームス、PS3「リッジレーサー7」を立体視仕様に !

こちらの記事をあらためて読み返してみますと、モニターに偏光フィルターを貼ることで 3D 仕様にできるものの、フィルターをモニタの映像素子ごとにぴったりと張り込む技術と、コスト面での問題が指摘されています。


・ 他方、PS3 タイトルの、今後の 「 3D 対応化 」 に関するシステム要件ですが、上記、「 PS3 FAN 」 さんの記事にも書かれていますように、PS3 側に関しては、システムソフトウェアのアップデート ( 「 3D モード 」 の搭載 ) により 3D 化に対応 されるようですね。
この 「 3D モード 」 により、既存のタイトルも、3D 化できるようです。

他方、問題となってくるのは、3D に対応したモニターが必要 になってくることでしょうか。

AV Watch : ソニー、3D対応 「 BRAVIA 」 を6月発売 - PS3はゲームから3D対応へ

ここに掲載されている、3D 対応モニターの店頭予想価格に関してはともかく、新しいモニターを購入しなければならないという点が、やはりネックになってくるでしょうか




■ 『 GT5 』 の発売日は? 


「 PS3 FAN 」 さんの こちら の情報によると、『 GT5 』 の正式な ( ? ) 発売日が、近々発表されるかもしれないということですが、3D 対応の BRAVIA の発売が6月に予定されていることと、他の 3D 対応の PS3 タイトルとの関連を考えると、今年 ( 2010年 ) の夏 ( 以降 ) になるのでは? という見方もあるようですネ。

これはあくまでも推測ですが、『 GT5 』 を 2010年の 3月に発売するという話は、ソニーの 3D テレビを発売する時期とリンクさせていた可能性も考えられるかもしれませんね。すでに、競合他社が 3D 対応テレビを 4月に発売することを予定しているようですが、ソニー側も自社の商品化が、他社よりも遅れることを認めているようです ( 3D 対応化の話は以前からあったものですので、そうとでも考えないと、「 3月 」 などと発表した理由がわかりませんよね〜

『 GT5 』 の発売日等について語っても、あまり意味がありませんので、3月の発売延期の時も何も書きませんでしたが、社会人の目からしますと、少なくとも 「 仕事 」 として 『 GT5 』 を販売する訳ですから、“ 納期 ” は明確に、きちんと守ってほしいという感じがするでしょうか

<Gran Turismo 5> 『 グランツーリスモ5 』 E3 2009 コンセプトムービー

こちら の記事でも書きましたが、2009年 E3 にて、「 GT プロデューサーの 山内一典氏に、GT5 については質問をしないように 」 という話があったという 『 Gran Turismo 5 ( グランツーリスモ5、以下 GT5 ) 』 ですが、E3 の方では、『 GT5 』 の 「 コンセプトムービー 」 が公開されたようです

まだ、十分な情報はないのですが、『 GT5 』 に関しては、本当に 「 コンセプトムービー 」 の紹介だけで、追加の情報はなかったみたいですね〜 ( 新たな情報がありましたら、追記します ) 。

他方、PSP 版の 『 グランツーリスモ 』 も発表になりましたが、公式サイトの両者の記事、

『 グランツーリスモ 』 PSP 版を発表

『 グランツーリスモ5 』 コンセプトムービーを公開

を比較しますと、発売予定日やゲームの内容を含めた情報量が全く違う ことがわかります。

今回の E3 でも 『 GT5 』 の具体的な内容については、見えてこなかった感じになるみたいです。

といった感じのようなのですが、公開された映像をアップしておきたいと思います


今度は、NASCAR ですかぁ ・・・

続きを読む »

<グランツーリスモTV> '08 Nurburgring 24h Introduction ★動画★

2008年5月24日から、「 ニュルブルクリンク24時間レース 」 の本戦が始まります!
ドライバーにもマシンにも過酷なコースとして有名なドイツ・ニュルブルクリンクに、280台にもおよぶ個性豊かなツーリングカーと、約1,000人のドライバー、そして20万人超の観客が集まるとのことですが、「世界一偉大な草レース」とも称されるこのレースを、今年も 『 グランツーリスモ 』 がサポートをするようです。

ちなみに、今回配信された 「 '08 Nurburgring 24h Introduction 」 は、2007年のレースの模様を中心に 「 ニュルブルクリンク24時間レース 」 の魅力をお伝えする内容となっているとのことです。

また、この夏に 「 グランツーリスモTV 」 にて、2008年のレースのダイジェストを収録した特別番組が配信される予定 とのことですので、非常に楽しみです。

なお、今年(2008年)の「ニュルブルクリンク24時間レース」に関しては、いつもお世話になっております 『 dis-CHARGE.net 』 の mar さんが、詳細なレースレポートをアップして下さっています!

LEXUS LF-Aがニュルブルクリンク24時間に参戦
LEXUS LF-A続報!ニュル24時間エントリーリスト
2008-ニュルブルクリンク24時間 総合(ちょい更新)
LF-A in ニュル24時間(2:00)
ニュルブルクリンク24時間いろいろ
2008-ニュルブルクリンク24時間 18時間経過
2008-ニュルブルクリンク24時間 結果

私の今回のニュルブルクリンク関連の一連のエントリーも、すべて mar さんにインスパイアされてアップさせて頂いたものです。
mar さん、ありがとうございました !☆





続きを読む »

<グランツーリスモTV> THE GT-R Legend ANOTHER STORY ★動画★

NISSAN GT-R の開発ドライバーとして、ドイツのニュルブルクリンク北コースで 7分38秒54 というラップタイムを叩き出した、レーシングドライバー鈴木利男氏のインタビュー映像です。
なお、今回の聞き手は、『グランツーリスモ』シリーズ・プロデューサー山内一典氏です。

コンテンツの内容としましては

実際のアタック時のオンボード映像を見ながら、鈴木利男氏本人が語る、ニュル・アタックの極意
・ 『 グランツーリスモ 』のゲーム・エンジンを使用し、もし 「 ドライ・コンディション 」 であったならば、どれくらいのタイムを出すことが可能であったかの検証

となっています




鈴木利男氏の見事な走りですが、非常に危険なコースでもあるだけに、見ているこちらも緊張してきます

続きを読む »
Copyright (C) TM Race Sim MOD-ification. All Rights Reserved.