TM Race Sim MOD-ification  ≫  MotoGP 13

MotoGP 13

<MotoGP 13> Red Bull Rookies Cup DLC リリース

「 MotoGP 13 」 の 「 Red Bull Rookies Cup DLC 」 がリリースされました。

MotoGP?13 : Red Bull Rookies Cup

時期的に、「 WRC 4 」 の開発の方も一段落したのか、そろそろ 「 MotoGP 13 」 の方でも、また動きが出てくるのでしょうか。

≪ 「 Red Bull Rookies Cup 」 DLC の内容 ≫
「 Red Bull Rookies Cup 」 DLC の内容ですが、Steam ストアのページの情報によると、次のような内容になるようです。

   ▼

< 全収録内容 >

説明によると、「 MotoGP 13 」 の、キャリアモードを除く、全てのオンライン & オフラインのゲームモードでプレイできると書かれています。

・ 新しいバイクのモデル 1台 : KTM RC 250 R

・ 24 人の新しいライダー

 - Anthony Alonso (USA)
 - Enea Bastianini (ITA)
 - Darryn Binder (SAF)
 - Scott Deroue (HOL)
 - Karel Hanika (CZE)
 - Tarran Mackenzie (GBR)
 - Stefano Manzi (ITA)
 - Jorge Martin (SPA)
 - Aris Michail (GER)
 - Soushi Mihara (JAP)
 - Joan Mir (SPA)
 - Felix Nassi (FIN)
 - Manuel Pagliani (ITA)
 - Diego Perez (SPA)
 - Corentin Perolari (FRA)
 - Marcos Ramirez (SPA)
 - Bradley Ray (GBR)
 - Toprak Razgatlioglu (TUR)
 - Joe Roberts (USA)
 - Olly Simpson (AUS)
 - Mario Tocca (ITA)
 - Lukas Trautmann (AUT)
 - Yui Watanabe (JAP)
 - Jordan Weaving (SAF)

 日本の略称は、せめて JPN にしてほしかったですね

Milestone のタイトルでは、以前、Capcom がパブリッシャーで 「 MotoGP 08 」 が Steam で販売されていましたが、Steam に来たことによって、このような形で有料 DLC の配布が可能になりましたので、その点では、PC 版のユーザーにとってはメリットになる感じでしょうか。

ということですが、私自身は、デフォルトのカテゴリーの方も、まだ十分にプレイできていない状態ですので、購入するとしても、もう少し先になりそうです


| 2013-09-26 | MotoGP 13 | ▲TOP |

<MotoGP 13> AI の Mod : 各ライダーのタレント・データを変更する方法

「 MotoGP 13 」 の、AI の各ライダーのタレント・データを変更する Mod の方法についてまとめてみました


■ AI の各ライダーのタレント・データの Mod の位置付け
先日、「 AI の予選タイムの調整方法 」 と、「 AI の難易度の調整方法 」 について、次の2つの記事でまとめました。

【 AI の “ 全体的な ” 予選タイムの難易度の調整方法 】
<MotoGP 13> AI の Mod : AI の予選タイムの調整方法

【 AI の “ 全体的な ” 決勝レースの難易度の調整方法 】
<MotoGP 13> AI の Mod : AI の仕組みと、難易度の調整方法

   ▼

今回の話は、これらの全体的な AI の難易度をベースに、“ 個々のライダーの ”、

- 予選タイム
- 決勝レースの速さ

を調整するという位置付けの話になります。

ということで、以下、AI の各ライダーのタレント・データの変更方法についてメモしていきたいと思います



 ポールポジションから、ドヴィ、ブッちぎりのレースにすることもできます
続きを読む »
| 2013-07-15 | MotoGP 13 | ▲TOP |

<MotoGP 13> 公式 Patch Ver.1.101 後、メニュー等のムービーが正常に表示されない問題の解決方法

先日の 「 MotoGP 13 」 の Patch Ver.1.101 で、ムービーの上半分が黒くなって正常に表示されない、新たな問題が出ていましたが、

<MotoGP 13> 公式 Patch Ver.1.101 アップデート

RaceDepartment の方で svenvangent 氏から情報を頂いたのですが、Steam コミュニティのこちらのスレッドの方法で解決できるようです。
( Thanks to svenvangent

【 Steam コミュニティのスレッド 】
Steam コミュニティ : MotoGP 13 - Fix Top Half of Screen Black
   ↓
【 Adobe Community のフォーラムのスレッド 】
Adobe Community : Upper half of video is missing (black screen) - Help!!
   ↓
【 マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-057 ( 2803821 ) 緊急 】
上記の Adobe のフォーラムのスレッドに記載されている 「 KB2803821 」 に該当する、マイクロソフトの詳細情報は、こちらになります。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-057 - 緊急

このページ内を " 2803821 " で検索してみるとわかりますが、Windows Media 関連の問題点の修正事項のようです。
このページの 「 概要 」 によりますと、

特別に細工されたメディア ファイルをユーザーが開いた場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。この脆弱性が悪用された場合、攻撃者がローカル ユーザーと同じ権限を取得する可能性があります。コンピューターでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者特権で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。

このセキュリティ更新プログラムは、Itanium-based エディションを除き、すべてのサポートされているエディションの Windows について「緊急」の深刻度に評価しました。


と解説されています。

   ▼

Windows 7 の場合ですが、私が試してみたところ、以下の手順でできました。

・ コントロールパネルを実行
   ↓
・ 右上の 「 表示方法 」 を 「 カテゴリ 」 にして、「 プログラムのアンインストール 」 を選択
   ↓
・ 左欄の 「 インストールされた更新プログラムを表示 」 を選択
   ↓
・ 右上の検索欄に KB2803821 と入力して検索
   ↓
・ 次の画像のように、KB2803821 に該当する更新プログラムが表示されるので、クリック or 右クリックでアンインストール




   ↓
・ アンインストール後、私の環境では、PC の再起動は不要でした
   ↓
・ 「 MotoGP 13 」 を起動
   ↓
・ 次の画像のように、ムービーの全画面が表示されるようになっていれば成功です。




   ▼

一応、以上の方法で解決はできるのですが、マイクロソフトののセキュリティ情報の内容を読みますと、この方法を試すかどうかは、自己責任にてという感じになりそうですね。
ただ、動画の作成等で、ムービーを正常に表示する必要がある場合には、ひとまず、役に立つ方法という感じになるでしょうか。

以上になりますが、Patch Ver.1.101 の前には発生しなかった問題ですので、やはり Milestone には、次の Patch で正式に対処してほしい所ですネ
| 2013-07-14 | MotoGP 13 | ▲TOP |

<MotoGP 13> 公式 Patch Ver.1.101 アップデート

「 MotoGP 13 」 の公式 Patch Ver.1.101 のアップデートがあったようです。
今回のアップデートによる変更点 ( Changelog ) は、Steam コミュニティの、こちらの公式スレッドに掲載されています。

Steam Community : [OFFICIAL THREAD] MotoGP^(TM)13: Version 1.101 now available


【 バージョンの表記 】

ゲームのバージョンの表記については、

- ゲーム起動時のローンチャーの右下に表示されるバージョン
 ⇒ v1.101 に変わりました

- " MotoGP13.exe " のバージョン ( ※ " MotoGP13.exe " を右クリック → プロパティ → " 詳細 " タブで確認できます )
 ⇒ 「 製品バージョン 」 の表記は " 1.0.0.1 " で以前と変わっていませんが、タイムスタンプから判断して、ファイルそのものは更新されている様子です。


【 新機能 : Showroom の 360 度 ビューワー機能 】

今回のアップデートで、ライダー & チーム選択時の Showroom の画面で、マシンとライダーを 360 度回転させて眺めることができるようになりました。
⇒ PC 版の場合は、従来と同様、下の画像のように " F1 " キーで Showroom に入れます。





 この画面で 360 度回転できるようになりました。


【 従来の Mod との関連 】

今回のアップデートで " DATA.MIX " ファイルも更新されていますので、" DATA.MIX " ファイル関連の Mod については、Ver.1.101 用にアップデートをする必要がありそうです。


【 新たな問題点 】

上の Steam コミュニティでも同様の症状が報告されていますが、メニュー画面の背景のムービーの上半分が黒くなってしまうというバグが、私の環境でも発生しています
⇒ レース前のムービー等、ムービー再生画面でこの症状が出てしまう様子ですね。





以上になりますが、私がアップロードした Mod の方は、今週末にアップデートできたらと思っております。

今回はオンライン関連のバグの修正がメインだったようですが、上のメニュー画面の背景のように、新たな目立つバグが出てきてしまったりしていますので、近々、またアップデートがありそうな予感がするでしょうか。
ということで、引き続き、フォーラムの方で情報をフォローしていけたらと思っております
| 2013-07-11 | MotoGP 13 | ▲TOP |

<MotoGP 13> AI の Mod : AI の仕組みと、難易度の調整方法

「 MotoGP 13 」 の AI の仕組みと、難易度の調整方法についてまとめてみました。

・ AI の難易度の調整方法については、以前、「 SBK 」 シリーズの時に、こちらの記事でレポートをしましたが、

<SBK X> 『 SBK X 』 AI の難易度の調整 ( 1%単位で AI の難易度を調整するファイル )

同様の手法が 「 MotoGP 13 」 でも可能です。

・ 「 MotoGP 13 」 で、AI の難易度を調整する方法としては、

 ( A ) 全体の難易度を変更する方法
 ( B ) 各ライダーのタレントデータを個別に変更する方法
 ( C ) 各ライダー ( チーム ) のマシンのパフォーマンスを変更する方法
 ( D ) プレイヤーのマシンのパフォーマンスを変更して、AI との相対的な速さを変更する方法

という方法が考えられますが、今回は ( A ) の話になります。

ということで、以下、「 MotoGP 13 」 の AI の仕組みと、難易度の調整方法についてまとめていきたいと思います



 本題とは関係ないですが、コーナリングをしながら後方確認をすると見せてくれる、ロッシの瞬間芸です
続きを読む »
| 2013-07-07 | MotoGP 13 | ▲TOP |
Copyright (C) TM Race Sim MOD-ification. All Rights Reserved.