TM Race Sim MOD-ification  ≫  Assetto Corsa

Assetto Corsa

<Assetto Corsa> Technology Preview Demo 0.9.9 リリース

「 Assetto Corsa Technology Preview Demo ( AC TP ) 」 の Ver.0.9.9 がリリースされましたので、メモしておきたいと思います

≪ ダウンロード & Changelog ≫
ダウンロードのリンクと Changelog が掲載されていますので、RaceDepartment の記事をリンクしておきます。

RaceDepartment : Assetto Corsa: Tech Preview 0.99 Now Available


≪ アップデート版のインストールの方法 ( 再掲 ) ≫
先日の記事でも書きましたが、アクティベーションの回数に制限があるみたいですので、アップデート版のインストールの方法を再度掲載しておきます。

情報元の公式フォーラムのスレッドはこちらです

公式フォーラム : License activation ( after lic backup )

   ▼

「 AC TP 」 のアップデート版をインストールする方法は、以下の手順になるようです。

 .▲奪廛如璽犯任鬟ぅ鵐好函璽襪鬚垢訌阿法" ドキュメント " フォルダ内の " Assetto Corsa " フォルダの中にある、" Lic " フォルダのバックアップを保管

 C:/Users/(ユーザー名)/Documents/Assetto Corsa/lic

◆  AC TP 」 をアンインストール

  " ドキュメント " フォルダ内の " Assetto Corsa " フォルダを手動で削除

次のディレクトリ

 C:/AC_TechPreview ( ※ 標準的なインストールの場合のディレクトリです )

の " AC_TechPreview " フォルダが残っていたら、手動で削除。

ぁ  AC TP 」 の新しいバージョンをインストール

ァ  AC TP 」 を起動すると、PAYCODE の入力を求められるが、一旦、ゲームを終了

Α" ドキュメント " フォルダの内に、新たに " Assetto Corsa " フォルダが作られているので、その中に、バックアップを保管しておいた " Lic " フォルダをコピー&ペーストして復元

А  AC TP 」 を起動して、再アクティベーションをしないでゲームをプレイできるようになっていれば成功

という手順になるようです。

私も、今回この方法でアップデートしましたが、再度 「 netKar Pro 」 の PAYCODE を入力してアクティベーションをする必要なく、「 AC TP 」 をアップデートすることができました ☆

ということですが、一応 “ Ver.1.0 ” が製品版になるみたいですので、ついに “ Ver.0.9.9 ” まで来ました。
まさか、この次に “ Ver.0.9.9.1 ” とか来ることはないと思うのですが 、今後の続報に注目という感じになりそうですネ
| 2013-03-16 | Assetto Corsa | ▲TOP |

<Assetto Corsa> Technology Preview ( Ver.0.9.8 ) 段階 : 基本的な情報

「 Assetto Corsa 」 ですが、まだ “ Technology Preview ” の段階ということで、公式フォーラムを見ていましても、ユーザーからのフィードバックによる問題点 ( バグ ) の抽出や、ニーズの把握を行っている段階という雰囲気ですね
公式スタッフのポストを読んでいましても、現時点では、新しい機能の追加よりも、バグの修正や AI の改善 等の作業が優先事項という事が書かれています。

「 Assetto Corsa Technology Preview ( 以下、AC TP と書きます ) 」 では、基本的な機能は、ゲーム内で設定できるようになっていますが、フォーラムで見かけた情報をメモしておきたいと思います。

≪ アクティベーションの回数の制限、再インストール時の対処方法 ≫
「 AC TP 」 を最初にインストールして → ゲームを起動した時に、「 netKar Pro 」 の PAYCODE の入力によるアクティベーションが必要になりますが、その時に、“ アクティベーションの残り回数 ” が表示されますので、公式フォーラムの方で情報を探してみたところ、やはり、アクティベーションの回数に制限がある様子です

そこで、「 AC TP 」 のアップデート時や、PC を復元 ( リカバリ ) した時など、「 AC TP 」 を再インストールする必要がある場合の対処方法について調べてみた所、こちらのスレッドに情報がありました。

License activation ( after lic backup )
( こちらのスレッドでは、アクティベーションの回数は 3回というようなことを書かれている方がいますね )

   ▼

「 AC TP 」 を再インストールした時の対処方法は、以下の手順になるようです。

 〆謄ぅ鵐好函璽襪鬚垢訌阿法" ドキュメント " フォルダ内の " Assetto Corsa " フォルダの中にある、" Lic " フォルダのバックアップを保管

 C:/Users/(ユーザー名)/Documents/Assetto Corsa/lic

◆  AC TP 」 をアンインストール

  " ドキュメント " フォルダ内の " Assetto Corsa " フォルダを手動で削除

次のディレクトリ

 C:/AC_TechPreview

の " AC_TechPreview " フォルダが残っていたら、手動で削除。

ぁ  AC TP 」 ( の新しいバージョン ) を再インストール

ァ  AC TP 」 を起動すると、PAYCODE の入力を求められるが、一旦、ゲームを終了

Α" ドキュメント " フォルダの内に、新たに " Assetto Corsa " フォルダが作られているので、その中に、バックアップを保管しておいた " Lic " フォルダをコピー&ペーストして復元

А  AC TP 」 を起動して、再アクティベーションをしないでゲームをプレイできるようになっていれば成功

という手順になるようです。

   ▼

・ " Lic " フォルダの中を見ると、アクティベーションのナンバーの付いた " *.lic " というファイルが収録されているのがわかりますが、ここにアクティベーションの情報が登録されているみたいですね。

・ 確認のため、私自身で 「 AC TP 」 をインストールする前のクリーンな状態に PC を復元して、この方法を試してみましたが、PAYCODE の再入力をしないで 「 AC TP 」 をプレイできるようになることが確認できました。

万一のために、" Lic " フォルダのバックアップを保管しておいた方が安全ということになるのでしょうか。

・ また、私が試してみたところ、通常の手順で 「 AC TP 」 をアンインストールしただけでは、" ドキュメント " フォルダ内の " Assetto Corsa " フォルダは、自動的には削除されない様子です。
⇒ したがって、旧バージョンを普通にアンインストールして、普通に新しいバージョンをインストールしただけでは、旧バージョンの時に生成された " Assetto Corsa " フォルダ ( & その中の " Lic " フォルダ ) はそのまま残っていますので、再アクティベーションをしないでプレイができることになります。

ただ、この " Assetto Corsa " フォルダ内には、ゲームの各種設定データが保管されていますので、「 AC TP 」 のバージョンアップにより、仕様の変更があった場合に備えて、上記 で " Assetto Corsa " フォルダを手動で削除しておいた方が確実という話になるものと思われます。


≪ FOV の変更 & シートの位置の変更 ≫
ゲームプレイ時の視点関連については、「 AC TP Ver.0.9.8 」 の段階では、ゲーム内のメニュー上で、

・ FOV の変更
・ シートの位置の変更

ができない仕様になっています。

   ▼

・ FOV の変更については、" ドキュメント " フォルダ内の、次のディレクトリの " camera_onboard.ini " ファイル

 C:/Users/(ユーザー名)/Documents/Assetto Corsa/cfg/camera_onboard.ini

を Notepad で開いて、

[MODE]
IS_WORLD_ALIGNED=1
FOV=60

の数値を編集することで、FOV の変更が可能になるようです

⇒ 製品版 ( Ver.1.0 ) では、ゲーム内のメニューで、FOV の設定ができるようになる見込みのようです
( メモ : 「 AC TP 」 でも、その他の設定ファイルを変更することで、これができるような情報を見かけますが、わかりづらいので保留しておきます )



 " FOV=82 " に設定した場合の画像ですが、このような感じで変更ができます。


・ また、シートの位置の変更については、「 AC TP 」 では変更できないようなのですが、製品版 ( Ver.1.0 ) では、シートの位置を変更する機能が実装されるようなことが書かれています。


以上になりますが、また、何か情報を見つけましたら、追記をしていきたいと思います
| 2013-03-07 | Assetto Corsa | ▲TOP |

<Assetto Corsa> Technology Preview 用 : nKS サウンド Mod

「 Assetto Corsa ( AC ) 」 の 「 Technology Preview 」 用に、テストを兼ねて、サウンド Mod を製作してみましたので、アップをしたいと思います




 Prost ブルーのカラーに、nKS のステッカーを貼ってみました
続きを読む »
| 2013-03-05 | Assetto Corsa | ▲TOP |

<Assetto Corsa> Technology Preview 0.9.8 アップデート

「 Assetto Corsa 」 ですが、「 Technology Preview 」 の “ 0.9.8 ” のアップデート版がリリースされました

修正項目が多いので、VirtualR の記事をリンクしておきます。
⇒ こちらのリンク先からダウンロードもできます

VirtualR.net : Assetto Corsa -- Technology Preview 0.9.8 Available

( 付記 )
「 Technology Preview 」 の最初のバージョンの時に、インストール後、PC を再起動した時にブルースクリーンが出たということを、先日、書きましたが、今回の “ 0.9.8 ” のインストールにあたり、PC をクリーンな状態に復元 ( リカバリ ) をしてテストしてみた所、問題なくインストール → 起動 → プレイをすることができました。
もしかしたら、前回は何らかのアプリケーションと干渉をしていたのかもしれません。
問題が解決したということで、レポートしておきたいと思います

   ▼

・ ゲームをプレイして、すぐに気が付く点としては、コックピット内部から見える、ワイパーの向きが逆になって、ドライバーの前方の視界をふさがなくなりました。
⇒ 実車の画像を検索してみたのですが、ワイパーの向きについては、左右、両タイプのマシンがあるみたいですね。





・ また、マシンのカラーが選択できるようになりました。
私個人的に嬉しかったのは、一部のマシンに、ガンメタ ( ブラック ) のホイールが追加されています。


 マシンの画像左上の “ i ” マークをクリックするとスキンを選択できます。


 私がテストで追加してみたスキンが含まれていますが、このような感じで、カラーをプレビューして、スキンを選択できるようになっています


・ あとプレイをしていて感じたのは、若干、挙動モデルにも変更が加えられたような印象を受けました。


その他、実際にプレイをしてみますと、諸々の変更点が確認できますが、製品版のリリースに向けて、ユーザーからのフィードバックの収集と、その修正作業が着々と進んでいる様子ですネ
| 2013-03-04 | Assetto Corsa | ▲TOP |

<Assetto Corsa> 「 Assetto Corsa - Technology Preview Demo 」 の第一印象

ブログとして記事にするのは一週間遅れになってしまいましたが、「 Assetto Corsa Technology Preview Demo 」 の簡単な感想をメモしておきたいと思います

「 Assetto Corsa 」 の公式サイトはこちらになります。

< 公式サイト >
Assetto Corsa - 公式サイト

≪ netKar の思い出 ≫
・ Stefano Casillo ( Kunos ) 氏のタイトルで、今まで私が最もプレイしたのは、netKar 初期に、フリーで配付されていた “ Namie ” と呼ばれるバージョンでした ( 確認してみましたら 2004年頃だったみたいですので、ほぼ 10年近く前になるのですネ )

“ Namie ( ナミエ ) ” という名称から察しがつくように、Kunos 氏自身、親日家で、日本に在住されていたこともあります ( 日本のとある女優さんのファンであると公言したり、人間としてピュアなお方で 、色々な話題がありました )

“ Namie ” バージョンは、AI のサポートはありませんでしたが、シングル・マルチ両対応で、Ferrari 360 Modena, F3000, JGTC Supra 等のマシンが収録されていて、カスタム・スキンにも対応していました。
( その当時、海外に “ nK Zone ” というファンサイトも存在しましたが、懐かしいですね )。

初期の netKar は、走りそのものはイージーではありませんでしたが、ベースになっている挙動モデルが素晴らしく、一部のシムファンの間で高い評価を得ていました。
そして、新しいバージョンが開発中ということで、そのリリースが待たれていたのですが、そのうちに 「 netKar Pro 」 という形で、有料シムに変わっていったという経緯がありました。
ただ、私も含めまして “ Namie ” の正統進化版を期待していたファンにとっては、「 netKar Pro 」 は、若干、期待していた内容とは異なるという印象を受けたことを覚えています。

Kunos 氏自身、その当時のインタビューで AI の開発について興味があるということを語っていましたが、最終的に 「 netKar Pro 」 では AI のサポートが無く、シングルプレイがメインの私自身は、その後 「 netKar Pro 」 は、メインではプレイをしなくなってしまったという感じだったでしょうか。

ただ、netKar の初期におきましても、「 これからのシム界を変えていくのは Kunos 氏か 」 と期待させてくれるものがあり、また、私も色々と楽しい思い出がありましたので、「 Assetto Corsa 」 がアナウンスされた時は 「 ついにその時代がやってきたのか 」 という感じで嬉しかったです


≪ Assetto Corsa Technology Preview Demo の印象 ≫
「 Assetto Corsa Technology Preview Demo 」 に関しては、細かい点を見ていくと色々とありますが、今回は私の第一印象を簡単にまとめたいと思います。

・ 今回のデモは、あくまでも 「 Technology Preview 」 ということで、まだ完全にバグ出しが終わった段階のものではない様子で、私の環境でも、インストール後、再起動をしたらブルースクリーンになるという不具合が出ました ( 再・再起動で復帰しました )。


・ グラフィックスに関して、何枚かスクリーンショットを撮ってみました。
下の画像は、全て正午 ( 12:00 ) の時間帯のものです。



 マシンの作り込みや各パーツの質感は、現時点では 「 pCARS 」 には及びませんが、モデリングはしっかりとしていて、十分なクオリティという感じでしょうか。



 カラーバランスは、まだ全体的に、やや不自然な色合いという感じですね。

フォーラム等を読みますと 「 netKar Pro のアップデート版 」 という感想を書かれているユーザーの方もいますが、まだ前世代のグラフィックスを完全に拭えていない印象を受ける瞬間もあります。

ちなみに細かい点ですが、空の雲もきちんと動きます。



 「 pCARS 」 には及ばないものの、室内の作り込みも十分なクオリティで、室内のライティングも良好です。

コースの見た目に関しては、木のテクスチャのクオリティをもう少し上げれば、また印象も変わってきそうな感じでしょうか。



 リプレイでの外部カメラからの視点です。全体的なライティングも OK でしょうか。

フレームレートについては、単独走行ということもありますが、私の環境でもほぼ 60 〜 80 fps 以上をキープという感じで、HDR 対応の最近の他のタイトルと比較しても、軽めという感じです
( ただ、台数が増えた場合にどうなるのかについては、今後のポイントになりそうでしょうか )


・ エンジン・サウンドは、プレイをするには全く問題がありませんが、多くの方が指摘されているように、もう少しクオリティがアップしたら嬉しいという感じでしょうか。
ただ、マシンによってサウンドも変わってくる可能性もありますので、このマシン1台だけでは判断できないですね


・ 挙動に関しては 「 netKar Pro 」 での実績がありますので、心配はしていなかったのですが、非常に走り易く、走り始めからコンスタントにラップタイムを刻めるという点が、( 当たり前のことですが ) 私個人的には好印象でした。
そして、さらに走り込んで慣れてくると、細部の良さが見えてくるという感じでしょうか。

あと、理屈抜きで走っていて楽しく、ふと気が付くと何周もラップを重ねてしまうあたりは、「 netKar 」 の DNA を受け継いでいるという感じがします。

特にスゴイ挙動という訳ではありませんが、「 基本がしっかりとできていて走り易い 」 という点では、「 Assetto Corsa 」 は十分に満足できる内容で、今後に期待できそうなタイトルという感じがしました。



■ 今後に向けて
「 Technology Preview 」 をプレイをした総評としては、トータル・パッケージとして、極端に弱い部分が無く、全体として高い水準に仕上がっているという評価になりそうでしょうか。
レースシムのベースとして、ポイントになる部分を、的を絞って着実に仕上げつつあるという印象を受けます。

現在、公表されている車種も豊富という訳ではありませんが、このベースの上で、他のマシンがどのような動き方をするのか ? というのは興味があるという感じですね。

あとは、Mod のサポートもアナウンスされていますが、ユーザーへの間口がどのようなシステムになるのかという、そちらの展開も楽しみです。

ということで、私もここ一週間、ボチボチ試走していますが、これから製品版のリリースに向けて盛り上がっていきそうな雰囲気です。
また、フォーラムでの情報によりますと、正式のデモ版には、もう少しコンテンツが収録されるみたいですので、そちらも楽しみになってきました
| 2013-03-02 | Assetto Corsa | ▲TOP |
Copyright (C) TM Race Sim MOD-ification. All Rights Reserved.