TM Race Sim MOD-ification  ≫  SBK Generations

SBK Generations

<SBK Generations> Easy Terrains Mod : コースアウトしても、減速しにくくなる Mod

「 SBK Generations 」 ですが、Terrain ( 路面 ) 関連のデータをカスタマイズして、

 ・ コースアウトしても、減速しにくくなる
 ・ 通常は極端に減速してしまうランオフエリアも、思いっきり突っ切ってショートカットすることができる

ようにした、「 Easy Terrains Mod 」 を作成しました

・ 四輪ですと、片輪がコースからハミ出しても、もう片輪は残っていますので、まだ助かる部分があるのですが、二輪の場合は、わずかタイヤ1本分、コースからハミ出しただけでも、両輪がアウトになりますので、結構、シビアな部分があります。

特に、バイクゲーム初心者の方にとっては、慣れるまでは、どうしてもコースアウトしてしまうと思いますので、その度に、減速や転倒を強いられるのは辛い部分があるでしょうか。
また、特に 「 SBK 2011 」 以降は、AI が団子状態で走るようになりましたので、コースアウトして、ちょっと減速しただけでも、後続の数台のマシンに、まとめて一気に抜かれてしまうのも辛い所です。

・ 私自身、「 Superbike 2000 & 2001 」 の頃も、路面のデータを書き換えて、少しコースアウトしても、あまり減速をしないように調整をして、プレイをしていました。
そして、前作の 「 SBK 2011 」 の時に、同じ必要性を感じて、路面データの設定ファイルを調べてみて、私個人的にテストプレイをしていた感じです。
そして今回、それを 「 SBK Generations 」 に適用したものになります。

・ この Mod は、主に、Simulation Settings が、" Low " または " Medium " の場合に、効果を発揮する Mod という感じです。

Simulation Settings が " Full " でも、ランオフエリアをショートカットすることできる等のメリットはあります。
ただ、コースアウトして、グラベルや草地の上に入った場合、かなり転倒しやすくなる、シビアな点は変わらないという感じでしょうか。



■ Mod の内容 & 編集するファイル
「 SBK 」 シリーズでは、路面に関するデータは、数箇所に分けて設定されているようなのですが、その中で、各路面でのマシンの速度に関するデータは、次のディレクトリ、

 C:Program Files (x86)MilestoneSBKGen/DATA.MIX

の " DATA.MIX " ファイルを Unpack した中に収録されている、

 TERRAINS.BML
 TERRAINSEASY.BML
 TERRAINSLOW.BML

の各ファイルで設定されています。

・ 各 Simulation セッティング別の、参照するファイルは、" DB_GAMEOPTIONS.BML " に記載されていますが、それによると、

 TERRAINS.BML … Full Sim 用
 TERRAINSEASY.BML … 「 SBK X 」 の Arcade Mode が、このファイルを参照する設定でした
 TERRAINSLOW.BML … Low Sim & Medium Sim 用

という設定になっているようです。

   ▼

・ この " TERRAINS.BML " 関連の3つのファイルを、それぞれバイナリエディタで開くと、

 TARMAC
 GRASS
 SAND
 TARMACCUT … " CUT " の表記は、ショートカットエリアのデータを指すようです
 GRASSCUT
 SANDCUT etc ...

といった各路面別に、

 Friction
 BumpIntensity
 BumpLength
 LeanThreshold… マシンを傾けた時のタイヤのグリップの限界値のようです。1.0 に近いほど、グリップが上がります。
 MinSpeed
 MaxSpeed etc ...

といったパラメータが設定されています。

したがって、これらのデータを書き換える事によって、各路面の上をマシンが走る速度や、安定性を変更する事ができるようになるという感じです。

   ▼

・ 「 Superbike 2000 & 2001 」 では、路面のデータが、一つの設定ファイルに集約されていましたので、例えば、「 グラベルを、ターマックと完全に同じ路面の状態にしてしまう 」 という事もできました。

他方、最近の 「 SBK 」 シリーズでは、路面のデータが、数箇所に分けて収録されているようで、上記の " TERRAINS.BML " を変更することによって、各路面の上をマシンが走る速度は変更できるものの、マシンの安定性までは完全に変更することはできません。

したがって、GRASS や SAND にコースアウトすると、依然、転倒しやすくなる点は変わりがないという感じです。

ちなみに、「 Superbike 2000 & 2001 」 の時に、全路面を完全にターマックと同じ状態にして走ってみたことがあるのですが、コースアウトの緊張感が全く無くなりますので、正直、全然面白くありませんでした。

したがって、

 コースアウトすると、タイムロスや転倒をする緊張感を残しながら、コースアウトしても、( デフォルトのように ) 大きく減速しなくなる

・・・ という点では、この " TERRAINS.BML " の変更による Mod は、そこそこ良いバランスなのではないかという感じが、私個人的にはしています。



■ ダウンロード & インストール
≪ ダウンロード ≫
ファイルは、こちらにアップをしました。

SBK Generations Easy Terrains Mod.7z [ MediaFire ]
SBK Generations Easy Terrains Mod.7z [ Hotfile ( ミラー ) ]

このファイルですが、上記の3つの " TERRAINS.BML " 関連のファイル以外は、デフォルトと全く同じで、一切変更はしていません


≪ インストール方法 ≫
いつもながら念のため、予め、オリジナルのファイルのバックアップを、よろしくお願いいたします

・ ダウンロードしたファイルを解凍したフォルダの中に収録されている " DATA.MIX " ファイルを、次のディレクトリ

 C:Program Files (x86)MilestoneSBKGen/DATA.MIX

の同名のファイルと差し替えて下さい。



■ セバスチャン・ローブ、Easy Terrains Mod 参戦記
実は、「 SBK Generations 」 から SBK に参戦した WRC チャンピオン、セバスチャン・ローブのマシンにも、この 「 Easy Terrains Mod 」 が搭載されているということで、早速、取材をしてみました。

今回は、ユッキーからプレゼントされたヘルメットで、Kawasaki のマシンに乗っての参戦です



バリダカを彷彿とさせる、ローブのオフロードの走りっぷりです



元々、ターマック・スペシャリストの上、ラリーで、あらゆる路面の走り方を知るローブですので、スーパーバイクも、オフロードで、時速 200 km 以上で乗りこなしています



カウンターを当てながら、オフロードをドリフト走行するローブです
彼の前には、さすがのベン君も、後塵を拝するしかありません。




普通のライダーが走ると、極端に減速してしまう、Assen のランオフエリアも、ローブの前には、ただのターマック同然です。
レース後のローブのインタビューによると、「 レース前に、コ・ドライバーのダニエルと一緒にレッキをしたんだけど、“ ここはカットだよ ” って教えてくれたんだ 」 とのことでした




■ 最後に
「 SBK 」 シリーズでは、プレイヤーのみならず、AI もよくコースアウトして走っているセクションがあったりしますが、この Mod を入れていると、お互いにあまり減速しないで、バトルを続行できますので、その点でも、メリットがあるという感じでしょうか。

あとは、コースを練習する時や、「 SBK Experience 」 を攻略する時にも役に立つと思いますので、もしよろしかったら御活用下さい

| 2012-06-15 | SBK Generations | ▲TOP |

<Milestone のタイトル> LeMic 氏の Mod ツール

「 SBK シリーズ, MotoGP 08, Superstars V8 シリーズ 」 といった、Milestone のタイトルを Mod するために必要な、LeMic 氏のツールですが、LeMic 氏のサイトからダウンロードできなくなってしまいました。

LeMic Website

そこで、私が保管してあった LeMic 氏のツールをまとめて、こちらにアップしました。
( LeMic 氏に感謝します )


SBK & MotoGP Tools by LeMic.7z [ MediaFire ]
SBK & MotoGP Tools by LeMic.7z [ Hotfile ( ミラー ) ]

   ▼

これらのツールの中で、Mod のメインツールとなる 「 Mixfile ReMixer 」 の使い方については、こちらの記事にまとめてあります。

< Mixfile ReMixer の使い方に関する、メインのマニュアル >
<SBK 09> 『 SBK 09 』 Mixfile ReMixer マニュアル ( Milestone の各種シムの MOD を可能にするツール )

< 「 SBK X 」 がリリースされた時点での、ツールのアップデートに関する情報 >
<SBK X> Mixfile ReMixer Ver. 0.1.5 : MotoGP 08・SBK 09・SBK X・SBK 2011・SBK Generations・Superstars V8 対応版

   ▼

また今後、LeMic 氏のツールに関する新しいサイトやリンク先を見つけましたら、アップをしたいと思います

| 2012-06-14 | SBK Generations | ▲TOP |

<SBK Generations> キャリアモードのスタート時に、全ての 2009年シーズンのチームを選択可能にする Mod

「 SBK Generations 」 のキャリアモード ( Career ) は、( ご存知のように ) 2009年 〜 2012年の、4年間の各シーズンを、順にステップアップしていくようになっています。

ただ、2010年シーズン以降は、Reputation を積み重ねることで、全てのチームを選択できる可能性がありますが、最初にプレイする 2009年シーズンに関しては、デフォルトで選択できるチームが、次のチームに限定されてしまっています。

< SBK 2009 Class >
 Pro Ride World Superbike
 HANNspree Honda Althea
 Team Pedercini
 PSG1-1 Corse

< WSS 2009 Class >
 Holiday Gym Racing
 Kuja Racing
 Echo CRS Grand Prix
 RES Software Veidec Racing

< STK 2009 Class >
 TKR Suzuki Switzerland
 MRS Racing
 UnionBike Gimotorsports
 Race Junior
 Yamaha Lorenzini by Leoni

したがって、2009年シーズンに関しては、これ以外のチームでプレイすることができないという事になってしまうでしょうか。

そこで、2009年シーズンの全クラス・全チームでプレイできるようにするためのファイルを作成してみました



このような感じで、デフォルトでは選択できなかった、2009年シーズンのチームも選択できるようになります
続きを読む »
| 2012-06-12 | SBK Generations | ▲TOP |

<SBK Generations> ( 資料 ) キャリアモード ( Career ) : 全シーズン・クラス・チーム別 Reputation 一覧リスト

「 SBK Generations 」 のキャリアモード ( Career ) の、全シーズン・クラス・チーム別の “ Reputation ” を、一覧リストにまとめてみました

・ 「 SBK Generations 」 のキャリアモードでは、予選やレースで良いリザルトを出したり、レース毎の目標を達成したりすること等によって、“ Reputation ” を獲得し、1つのシーズンが終了した時点の Reputation の累計値によって、次のシーズンのオファーが来るチームが決まるというシステムになっています。

このリストは、各シーズンの、各クラス、各チームからオファーを得るために必要な Reputation の数値をまとめたリストになります。

   ▼

・ このリストを使うメリットは、次の点になるでしょうか。

< 正攻法で攻略する場合 >

次のシーズンに希望するチームに移籍するために、どれくらい頑張って、Reputation を獲得すればよいのか ( 獲得しなければならないのか ) の目安になります。

< Cheat Engine を使う場合 >

Cheat Engine を使うと、シーズン終了時の Reputation の値を操作することによって、自分が移籍したいチームからのオファーを、狙い撃ちして獲得することができます
⇒ Reputation を操作してしまうと、ぶっちゃけ、キャリアモードをやっている意味が無くなってしまうのですが 、一応、こういうこともできます。

・ 設定されている各チームの Reputation の値を比較していると、納得できる部分があったり、なかったりという感じで面白いですね

ということで、私自身、ちょっと興味があって調べてみましたので、参考資料としてアップしておきたいと思います。
もしよろしかったら御活用下さい

( メモ )
リストの各チームの順番は Reputation 順で、ほぼゲーム内の " Free Play " での、チーム選択メニューと同じ順番になっています ( 一部、順番が前後している部分があります )











| 2012-06-11 | SBK Generations | ▲TOP |

<SBK Generations> SBK Experience 100% クリア済 セーブデータ

「 SBK Generations 」 の 「 SBK Experience 」 のチャレンジを 100% クリアし、全てのマシン, ライダー, サーキット ( と思います ) をアンロックしたセーブデータを作成しました

・ 「 SBK Generations 」 ですが、旧作と同様に “ My Riders ” を3人まで作成することが可能で、「 SBK Experience 」 は、この “ My Riders ” を使って進めていくシステムになっています。

一度アンロックされた要素は、セーブデータ全体に適用されますので、この 100% セーブデータを使っても、
新しい “ My Riders ” を作成すれば、「 SBK Experience 」 を、またゼロから再プレイすることが可能 である点は、良い点になるでしょうか。

・ 今回、私のメイン PC とサブ PC の両方に 「 SBK Generations 」 をインストールして、セーブデータが共有できるかどうか、テストしてみたのですが、問題なく共有することができました。

私も開発者ではありませんので、セーブデータの共有に関しては確証がないのですが、セーブデータが共有できない GFWL みたいな面倒なシステムは、たぶん採用していないと思いますので、大丈夫なのではと思います。
もし共有できないようでしたら、申し訳ございません。



■ ダウンロード & 導入方法
≪ ダウンロード ≫
セーブデータのファイルは、こちらにアップをしました。

SBK Generations Savegame 100.7z [ MediaFire ]
SBK Generations Savegame 100.7z [ Hotfile ( ミラー ) ]


≪ 導入方法 ≫
セーブデータの導入方法ですが

・ SBK シリーズのセーブデータは、通常、隠しフォルダになっていますので、事前に、

 コントロールパネル → フォルダーオプション → 「 表示 」 タブ → 「 隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する 」

のラジオボタンにチェックを入れておいて下さい、

   ▼

< Windows 7 の場合 >
ダウンロードしたファイルを解凍し、その中の " SBKGENERATIONS " のフォルダを、次のディレクトリにコピー&ペーストして下さい
( ※ 既存のセーブデータがある場合は、事前のバックアップをよろしくお願いいたします )

 C:/Users/(ユーザーアカウント名)/AppData/Roaming/Milestone/SBKGENERATIONS


< Windows XP の場合 >
Windows XP の場合は、従来の Milestone のタイトルのケースから推測して、

 ・ C:/Documents and Settings/( ユーザーアカウント名 )/Application Data

の中に、" Milestone " または " BlackBean " の名前のついたフォルダがあって、その中にセーブデータが収録されていると思われます。



■ セーブデータの内容
・ 今回は、Sebastien Loeb ( セバスチャン・ローブ ) の名前で " My Rider " を作成して、「 SBK Experience 」 を一通りプレイしています。



ついに、セバスチャン・ローブが SBK に参戦です

   ▼

・ ローブは SBK に来ても速かったです。ラストボス、カール・フォガティにも大差で勝利し、オールゴールド獲得です





ローブの話によると、彼の速さの秘密は、" Modding " と呼ばれる、独自のライディングスタイルにあるようで、難しいイベントも、難なくクリアできてしまうということです


ということですが、購入後、旧作と比較をしたくても、肝心のマシンがロックされていて、それができないというのは、やっぱり不便ですネ。
このセーブデータで、全ての要素を、すぐにプレイできるようになると思いますので、もしよろしかったら御活用下さい

| 2012-06-10 | SBK Generations | ▲TOP |
Copyright (C) TM Race Sim MOD-ification. All Rights Reserved.