SBK X

<SBK X> 『 SBK X 』 マシンのデータの基本的なカスタマイズ

『 SBK X 』 の、「 挙動 」 や 「 エンジンパワー 」 といった、マシンのデータの基本的なカスタマイズについて、まとめておきたいと思います

『 SBK X 』 の挙動に関しては、開発の段階で実際のライダーさんのフィードバックを得たということで、非常にバランス良く仕上がっている印象を受けるでしょうか。
最初は、慣れるまでにやや時間がかかりましたが、Simulation モードの挙動に関しては、私個人的には、デフォルトのままでも、特に大きな不満はないといった感じがしています。

・ ただ、乗るチームのマシンによっては、「 う〜ん、もうちょっとパワーがほしいかな 」 と感じる時もあります。
・ 逆に、以前、AI の難易度の調整 の記事でも書きましたが、『 SBK X 』 では、AI の難易度を 100% 以上に設定できないみたいですので、自分のマシンの相対的なパフォーマンスを下げることによって、難易度を少し高めに調整する事も可能になるといった感じでしょうか。
・ また、お気に入りのチームのマシンの挙動がなんとなくしっくりこない場合に、ファイルを差し替えることによって、挙動を変更することも可能になります。

私自身、『 SBK X 』 で、マシンのデータのカスタマイズの必要性を感じるのは、こんな所でしょうか

ということで、以下、項目としては基本的なものになりますが、マシンのデータのカスタマイズについて、メモをしておきたいと思います ☆


( 付記 )
海外のフォーラムで、時々、問題になっていますので、念のために書いておきますが、この記事は、あくまでもシングルプレイでのカスタマイズを趣旨としたものですので、その点は御了承下さい。




クリス・バーミューレン選手のスライディングシーンです。
2010年の残りのシーズンは、怪我の治療に専念することになってしまったようですが、来季、また元気に走る姿を見ることができることを願っています


続きを読む »
| 2010-07-26 | SBK X | ▲TOP |

<SBK X> 『 SBK X 』 芳賀紀行選手 ( Nori-chan ) ゼッケン 41 MOD !!

・ 以前、「 SBK 09 」 用に製作した、芳賀紀行選手 ( Nori-chan ) のマシン用の “ ゼッケン 41 ”

『 SBK 09 』 芳賀紀行選手 ( Nori-chan ) ゼッケン 41 MOD

ですが、『 SBK X 』 用のファイルを製作しましたので、アップをしたいと思います


・ 前回は、ゼッケンのデザインから始めなければいけませんでしたが、今回は、『 SBK X 』 用に調整をするだけでしたので、少し楽だったでしょうか。
ただ、『 SBK X 』 では、新たな問題点があったりと、色々と悩まされたのですが、そのあたりの製作記をかねて、まとめてみたいと思います



「 SBK 09 」 では、ダイナミックシャドーが、シマシマに表示されてしまうという問題点が、( 私の環境下では ) あったのですが、『 SBK X 』 では、それが解消されたため、スクリーンショットを撮影するアングルを決めるのが楽になりました ☆

続きを読む »
| 2010-07-10 | SBK X | ▲TOP |

<SBK X> 『 SBK X 』 AI の難易度の調整 ( 1%単位で AI の難易度を調整するファイル )

・ 今回は、『 SBK X 』 の AI の難易度を 81% 〜 100% の範囲で、1%単位で変更したファイルを作成してみました

・ 『 SBK X 』 の Simulation Mode の難易度は、Rookie・Amateur・Professional・Real という4段階の中から選ぶことができるようになっています ( この点は、旧作と同じです )

ただし、難易度調整に関して、旧作と異なる点は、前作の 「 SBK 09 」 まで搭載されていた、“ Powered Brake ” ( ブレーキの強さを調整できる機能 ) が、『 SBK X 』 では廃止されてしまった点でしょうか。
「 SBK 09 」 までは、ブレーキの強さを変更することで、難易度の “ 微調整 ” をすることが ( ある程度 ) 可能だったのですが、『 SBK X 』 では、それができなくなってしまいました。
そのため、実際に私がプレイをしてみた感じでは、「 Amateur だと楽勝だが、Professional では、ちょっとキツイ 」 つまり 「 Amateur と Professional の中間の難易度が欲しい 」 といったような事態が、しばしば生じる感じです。
ということで、今回の 『 SBK X 』 では、私自身も AI の難易度を微調整する必要性を感じて、AI 関連の設定ファイルについて、色々と調べてみたという次第になります。

・ 実は、そのプロセスで、AI の設定ファイルの中に見つけたのが “ Rubberband ” という項目でした。
「 Rubberband ( ゴムひも ) 」 あるいは、時々 「 バンジーロープ 」 などと言われることがありますが、いわゆる、「 Adaptive AI 」 ( プレイヤーの順位や速度に応じて、AI が自動的にスピードを調整する機能 ) の代名詞ですネ
どうやら 『 SBK X 』 では、Adaptive AI が採用されているようです。

・ 『 SBK X 』 の Adaptive AI は、各難易度別に設定が異なり、難易度が上がるにつれ、AI が速く、かつ、より上位に追いつきにくい設定になっています。そして、難易度 「 Real 」 では、ほぼ 100% 固定と同じレベルに設定されている感じでしょうか。

・ ただ、練習をしてサーキットに慣れるプロセスにおいては、段階的に AI を速くしていける方が良いですし、また、やはりサーキットによって、得手・不得手がありますので、AI の難易度を細かく調整できるようにしておいた方が便利な部分もあるでしょうか。

ということで、今回は、そのあたりの、AI の難易度の調整方法の解説と、ファイルをまとめてみました ☆




続きを読む »
| 2010-07-02 | SBK X | ▲TOP |

<SBK X> 『 SBK X 』 レビュー : Simulation モードの挙動 & ライダーズアイ視点 の感想 ( デモ版 )

★ 『 SBK X 』 のデモ版ですが、先日、こちら の記事で、私なりの第一印象をレポートしましたが、その後、十分な時間をかけて、走り込んでみました
( ちなみに私は、いつもライダーズ視点でプレイをしていますので、以下、ライダーズ視点での印象になります )

『 SBK X 』 は、マシンの挙動 ( 特に、各速度域でのタイヤのグリップ感 ) が、今までのタイトルとは違って感じられましたので、最初は戸惑いがあったのですが、しっかりと走り込んでみますと、その印象が大きく変わった感じがしています。
現時点での私の感想ですが、『 SBK X 』 の新しい挙動は、かなり良い感じ です

おそらく、全ての側面において、パーフェクト ( 完璧 ) な挙動というのは存在しないと思いますが、ある面においては、「 Superbike 2001 」 や 「 SBK 09 」 の方が、“ リアル ” に感じる部分もある感じがします。
ただ、バイクシムとしてのコントロールのし易さという点に関して言うならば、『 SBK X 』 の挙動は、非常に良くできている という感じがするでしょうか。

そこで今回は、「 Simulation モードの挙動 」 と 「 ライダーズアイ視点 」 について、私なりの感想をレポートしたいと思います

( ※ デモ版の段階での感想になりますが、製品版がリリースされて、新たにわかった部分がありましたら、追記したいと思います )




続きを読む »
| 2010-06-03 | SBK X | ▲TOP |

<SBK X> Mixfile ReMixer Ver. 0.1.5 : MotoGP 08・SBK 09・SBK X・SBK 2011・SBK Generations・Superstars V8 対応版

以前、Milestone の各種シムの MOD を可能にするツールとして、使用方法をまとめた、
「 Mixfile ReMixer 」

Mixfile ReMixer マニュアル

ですが、最新版となる、Ver. 0.1.5 が公開 されました
最新バージョンの、最も注目されるポイントは 「 SBK X 」 以降の Milestone のタイトルに対応 した事になります
( LeMic 氏に感謝します)。

    ▼

「 SBK X 」 のデモ版で試された方はお気づきかと思いますが、「 SBK X 」 の 「 .MIX 」 ファイルは、旧バージョンの Mixfile ReMixer でも Unpack はできるものの、中のデータが encrypt ( 暗号化 ) されてしまっているため、そのままではエディットできないという大きな問題点 がありました。

しかし、今回、公開された 「 Mixfile ReMixer Ver. 0.1.5 」 は、「 .MIX 」 ファイルを “ Unpack ” することのみならず、中のデータを “ Decrypt ( 解読 ) ” する作業も同時に行ってくれます ので、このツールを使うことで、『 SBK X 』 の各種データをエディットできるようになります。



■ ダウンロード
このツールの開発者は、LeMic 氏 です。
また今回は、ファイルの decrypt に関して、「 wtcced 」 等でおなじみの、Luigi Auriemma 氏の御協力を頂いたとのことです。

「 Mixfile ReMixer Ver. 0.1.5 」 は、こちらのページからダウンロードできます

( ※ 2012.6.14 追記 : 現在、こちらのリンクは利用できなくなっています )
lemic.fileave.com/

   ▼

そこで、私が保管してあった LeMic 氏のツールをまとめて、こちらにアップをしました。
Mixfile ReMixer の最新バージョンは Ver.0.1.6 になります。

SBK & MotoGP Tools by LeMic.7z [ MediaFire ]
SBK & MotoGP Tools by LeMic.7z [ Hotfile ( ミラー ) ]



■ 対応タイトル
「 Mixfile ReMixer Ver. 0.1.5 」 が、公式にサポートしているタイトルは、

・ MotoGP 08
・ SBK 09
・ SBK X
・ SBK 2011
・ SBK Generations
・ Superstars V8 Racing
・ Superstars V8 Next Challenge

になるようです
( これらのタイトルに関しては、私の方でも、動作することを確認しました )

他方、Readme にも書かれていますが、「 Superbike 2001 」 「 S.C.A.R. 」 等の旧タイトルは、サポートしていないとのことです。



■ 使用方法
基本的な使用方法に関しては、旧バージョンと同じですので、こちらの記事

Mixfile ReMixer マニュアル

を参照して下さい。

旧バージョンと異なる点としては、下の画像のように、
「 Create new mix file 」 タブで、新しい " .MIX " ファイルを Repack する際に、下のドロップダウンメニューの中から、対応するタイトルを選択する必要がある 点でしょうか。

作業上の留意点としては、多くの " .MIX " ファイルは 「 読み取り専用 」 になっていますので、予めプロパティの、ファイルの属性を変更しておく必要がある点になると思います。





■ 最後に
『 SBK X 』 のデータが Encrypt されているのを知った時は、ガッカリしましたが、デモ版のリリースから数日と経たないうちに、『 SBK X 』 対応の Mixfile ReMixer がリリースされたのは嬉しかったです。
LeMic 氏、ならびに Luigi Auriemma 氏には感謝でしょうか

ただ、最近の Milestone のタイトルは、gMotor 2 系のタイトルと違って、設定ファイルがわかりやすく書かれていないのが難点ですね ( ちなみに、旧タイトルの 「 Superbike 2001 」 の設定ファイルは、非常にわかりやすく、色々といじれて面白かったです )

とりあえず、テクスチャ ( スキン ) がカスタマイズできるようになるだけでも、楽しみが広がりますので、製品版がリリースされましたら、また色々と試してみたいと思っています

| 2010-05-29 | SBK X | ▲TOP |
Copyright (C) TM Race Sim MOD-ification. All Rights Reserved.